Vol.144 友達に会いにそして帰りに思うこと

東京に住んでいると思っていた友達が地元富山に帰っていることがわかり、会いたくなって会いに行ってきた。その友達と会うのはおそらく10年ぶりくらいで、久しぶりの再会に直前まではちょっぴり緊張していた。会ってしまえば緊張よりも懐かしさがこみ上げてきて思わずハグをした。10年前にタイムスリップした気分でおしゃべりは止まらず、会ってない10年分の余白は1日で埋められたほど。

友達はこの10年でいろんな経験をしていたけれど、今はなんてことなさそうに笑って話した。その姿に勇気づけられたし、なんだか考えさせられた。他人の人生と自分の人生を比較するつもりはないけれど、今の自分にはもっと濃く味わったことがない感動がまだまだあるような気がしてならない。だから時間を大切に使おうと決めた、帰りの飛行機にて。

人に会うと得るモノが多いね。

f:id:naoohwada:20191121210534j:image