Vol.140 台風19号は凄まじかった

地球史上最大の台風がやってくる。

鉄道の計画運休、デパートや店舗が軒並みシャッターを閉めると聞いてもあまり実感が湧かなかったし、半ば大袈裟だなと正直思っていた。

午前中からiPhoneに届く爆音の緊急速報メールに脅かされた。地元自治体のアナウンスもあり、なんだか落ち着かない。午後には結構な雨量があり、川の氾濫もあるかもしれないとテレビでの報道と同時に家族からの電話、この辺りからわたしの頭の中で避難や逃げることを想定しだした。荷物もまとめた。わたしは多摩川の近くに住んでいる。

夕方から夜にかけて雨風も強くなり、外の水はけが悪くなり、少しずつ水位が上がってきた。何度も何度も窓を開けて外の様子を確認する時間が続く。お向かいマンションのおじさんとの挨拶を何度も交わした。消防車と救急車のサイレンに緊張感が高まる。

1958年に伊豆・東京を直撃して1198人もの死者行方不明者を出した狩野川台風。勢力・コースともにまさにその再来ともいうべき今回の直撃は、自分の身の危険さえ感じることになり、多くの人たちが不安と緊張感を持った1日だったのではないかと思う。結果、箱根では観測史上最大となる24時間雨量最大1000mmオーバーの豪雨を始め、ここ数十年では最大クラスの大雨に見舞われ、同時に風速30メートル近い暴風が吹き荒れた。この災害で多くの川の越水があり、各地で被害が遭ってしまったが狩野川台風のような甚大な災害を防げたことは、前もった警告と影でのいろいろな努力によるものだったのではないか。

それにしても毎回思うのは、こういった災害時にテレビでの情報が「身の安全の確保を!」と感情に訴えかける内容や同じ解説ばかりで、大事な情報がちっとも入ってこない。画面を分割して、各川の水位情報をライブ配信してくれた方がよっぽど役に立ったのではないかと思う。氾濫したのかしてないのか、いつ避難するタイミングなのかの基準をもっとわかりやすく伝えてほしい。

f:id:naoohwada:20191014083531j:image