Vol.130 エアライン満足度2019に納得

旅の始まりは、行き先に着いた時に始まるのではなく、空港に着いて飛行機が離陸した時から。いや、家を出た瞬間からだと思っている。ワクワクはそこから始まる。だから移動の飛行機も安定・安心の快適な始まり(終わり)が良いに決まってる。

国際線のエアライン満足度調査の結果が納得の結果だったのでシェアしたい。

 

【総合満足度ランキング】

1位(前年4位) シンガポール航空

2位(前年1位) 全日空(ANA)

3位(前年2位) 日本航空(JAL)

4位(前年3位) エミレーツ航空

5位(-) ニュージーランド航空

 

〈総合満足度ポイント〉

・シンガポール航空が前年4位から3ランクアップ、3年ぶり9度目の1位を獲得

・2位には日経エアラインの「ANA」「JAL」が並んだ

・「バニラエア」がLCCで唯一TOP20入り

今年1月にシンガポール航空に初めて乗ったんだけど、快適だし客室乗務員もにこやかで接客も素晴らしかった。シンガポールの空港、チャンギ空港も世界の空港ランキングで1位を取るほど豪華で、最近は空港内に人工滝ができたのだとか。お金のかけどころがすごいよ、シンガポール。わたし基本はANA派なので、安定・安心のエアラインとして今後も使っていきたい。ランキングとか数字で評価されるとモチベーションになるね。(どこ目線)

生まれ変わったら、客室乗務員になりたい。国際線限定で。

f:id:naoohwada:20190712091636j:image