Vol.123 成功に定義はない

5月があっという間に過ぎ去った。GWが終わって、なんだか仕事がバタバタして、風邪ひいたり湿疹が出たりと慌てて、気づけば6月になっていた。言い訳とかしたくないタイプだけど、結構いっぱいいっぱいだったのか、SNSも気持ちいい感じに遮断してバランスを取ったりしていた。環境の変化とか特にないのに、十分慣れた職場なのにひとり自分に5月病か!とツッコミいれたりして。

そんな風に過ごした中で、「成功」とは一体なんなのか、という考えた日があった。成功の定義っていったい・・・。一般的にはお金や権力を得たらという声が聞こえそうだけど、どうだろうか。少なからずわたしは若い頃にそう思っていた。なにかを成し遂げて、有名になってお金を得る、裕福な暮らしをする、注目や賞賛を浴びる、それが成功と思っていた。年を重ねて思うのは、成功とは自分の才能を見つけ、社会と人の為に活かすことではないかと。社会や人にどう役立つことができるのか、誰もみてない時にやるべきことをどれだけしっかりやるかだ、100%の答えを出す必要はない。と、終着した。

f:id:naoohwada:20190602155348j:image