Vol.108 海外航空券の発券は4月以降がおすすめ

航空券チェックをしていたら、燃油サーチャージがやたら高いことに気づいた。海外に旅行に行ったことがある人はご存知であろう、燃油サーチャージは燃油特別付加運賃といって国際線のチケット代に上乗せされるチャージだ。航空機に使う燃料代ですね。航空会社はこのチャージを2ヶ月ごとに見直しをしている。2月〜3月末まで発券分に関しては値上げされているから高くつくものの、4月〜5月分は各航空会社も値下げの発表を出している。

金額に差が大きい北米(ハワイを除く)、欧州、中東、オセアニアの路線はこれまでの1万7500円か7000円に減額、その差1万500円。(JAL/ANA/DELTA調べ)この差は大きい。この適用条件というのが、ZONE A〜ZONE Iの9段階まであって、4月以降発券分は2番目の安さのZONE Bに辺る。燃油サーチャージ往復最大2万円以上の値下げは大きい。海外旅行を計画している人は4月以降の発券がおすすめ。

f:id:naoohwada:20190323153242j:image