Vol.107 「アートで社会を変えたい」

昨日は佐久間裕美子さん×スプツニ子さんのトークイベントにお邪魔してきた。テーマはタイトルの「アートで社会を変えたい」だったわけなんだけど、繰り広げるトークがアメリカのことだったり、差別問題だったり、日本の組織についてだったり、テクノロジーだったりの話も盛りだくさんで映画を見るように吸収しながら2時間を過ごしたよ。

佐久間裕美子さんといえば、ニューヨーク在住のライターでニューヨークで生活しながら書かれた日記「My Little Ny York Times」という本が最近刊行された。コレ、わたしも愛読中なわけです。トランプ大統領の就任や#metoo運動、現代社会に対する自身からの切り口が綴られている。わたくし結構、良い大人なのだけどお恥ずかしい話、社会や政治のことは無知。なのでこの方の本やブログからいろいろ学ばせてもらっているんだ、ほんと。

今回この本の刊行ツアーということで日本各地を回るツアーの情報を目にした時、会いに行かなきゃ、と直感が働いた。自分の視野が広がる分野の話や背中を押してくれる言葉にわくわくが止まらなかった。笑顔がとても素敵な方で人望もあるんだろうな。とか、なんだかまだまだやらないといけないことがたくさんあるのではないかと昨日のトークを思い出して今日は過ごしたんだ。

スプツニ子さんは、近いうちにTEDに出るらしいんだけど、そのリハーサル稽古の先生に「そのアートでどうやって世界を変えるのか、さぁそれを話すんだ」と言われても、アートは表現だから言葉にして説明をすること自体が本当に難しい。ツライ。と話していたことが印象的だった。女性として頑張ってるお二方を見て、パワーをもらった、すごく。

f:id:naoohwada:20190322222516j:image