Vol.103 3.11から8年

その日は風邪で体調がすこぶる悪く、めずらしく早退した。先輩から病院によってから帰るように言われていたが、それどころじゃない。今すぐにでも横になりたかったから、直帰した。と、その前に気になることがあってPCを開くと、めまいが・・・頭がクラクラする、いや違う。窓の外の電線がぐらんぐらん揺れていて、外で「キャー」という声が。やっと状況をつかめたわたしは、部屋の角にうずくまった。たしか地震がきたら、部屋の角にいるといいとふんわりした情報を思い出したからだ。

今まで体感したことのない揺れ、恐怖が一気に襲ってきた。こんなことなら我慢して会社にいてみんなといたほうが良かったのに・・と急に心細くなってきた。揺れが弱くなるのを待ちつつつ、マンションの住人や近所の人たちが外に出ていくのを待った。同時に電気やガスが止まり、その日の22時ぐらいまでわたしの住んでいるエリアは停電になった。携帯もつながらず、世の中の状況がわからない状況が続いたが、そんな場面でもツイッターは強く、そこから震源地は福島・宮城県沖という情報を目にし、ひどく動揺した。福島の家族の安否をだるい体と戦いながら、電気が付かない真っ暗闇の中、過ごしたんだ。

今朝のヤフーニュースで「東日本大震災、行方不明者2,533人」という記事をみて、8年前のその日を思い出した。福島の家族は無事だったけど、その後1か月は水が止まったり本当に大変だったらしい。原発のあれこれや風評被害もさんざんなものだったと。だんだん世の中が話題にあげなくなってきているけど、絶対に忘れてはいけない出来事、忘れらない出来事。

f:id:naoohwada:20190308123425j:image