Vol.70 Loose Socks

上京時に実家からいっしょに上京してきたダンボールがある。その中身は高校時代からの写真で結構な枚数があり、片付け放置でついつい見入ってしまう。高校時代の記憶が走馬灯のように蘇る。制服姿が懐かしく思え、今では街で見かけないルーズソックスに目をやる。当時はそういうものだと思って履いていたけれど、のちのち女子高生の文化のひとつとしてのブームだったんだなということに気づく。

どこが発祥だったのか気になって調べWikipediaによると最も流行った時期が、わたしが高校生の頃で、発祥地域の有名な説が仙台市と水戸市で上げられている。いずれの説も寸法の大きい靴下を防寒目的で買ってゆるめて履いてところ、靴下のボリュームによって、相対的に足が細く見えたことで流行り始まったそう。その後ゆるめて履くことを目的として商品化されたそうだけど、この目の付けどころがすごいなぁ。防寒対策がブームになってしまうんだもの。発想の転換ってやつだ。おもしろい。

それにしてもルーズソックスブームが終わって後の紺色のハイソックス時代も体感してみたいなと今更ながら思う。ハイソの方がお嬢様感があって品があったよね。

f:id:naoohwada:20181128213224j:image