Vol. 66 ヒップホップ70年代80年代

ヒップホップの始まりってあんまり知らないかもと思い、調べたことを共有したい。

ヒップホップは、1973年にクールハーク(ジャマイカ出身のDJ)が当時住んでいたサウスブロンクスのマンションでファンクやソウルの音楽でDJしたパーティーが始まりとされている。このクールハークのようなDJとDJがかける音楽で踊るブレイクダンサー、ラップするMCそしてグラフィティーの要素が加わり、ヒップホップという文化が生まれた。このヒップホップという言葉は、アフリカバンバータによって名付けられた。

70年代のニューヨークはストリートギャングやドラッグが横行し、今以上に黒人や貧困地区に住むマイノリティーの人たちへの差別がひどい時代。しかしヒップホップが生まれたことによって、行き場のない若者たちのエネルギーは犯罪やドラッグなどネガティブなことから、アートや音楽に注がれるようになり、ヒップホップはサウスブロンクスにとどまらずより多くの地域に広まっていった。
80年代に入ると、ランDMC・LLCoolJ・ビースティーボーイズなどが活躍の場を広げていき、ヒップホップに関連した映画「WILD STYLE」が公開された。この映画がヒップホップを全世界に広めるきっかけになっていった。

この時代のニューヨークの映像をなにかで観たことがあるんだけど、あちこち火事で燃えていたり犯罪も多くて治安が悪かったことが窺えた。ヒップホップによりそれがおさまってエネルギーの向け方が変わったなんて素敵なこと。いつの時代も音楽やムーブメントは誰かが創るものなんだ。
f:id:naoohwada:20181115072759j:image