Vol.63 習慣でできている

お気に入りのブログで、断酒をしたら調子が良い。という内容を読んで納得している自分がいる。お酒と言えば、わたしはビールが好きでよく飲むが最近は美味しいごはんを食べに行く時だけ飲むようにしている。「飲みに行く」とどうしても飲み過ぎてしまうしカロリーの過剰摂取、極め付けに帰りがけのアイスクリーム。その時は楽しくて気分が上がるが、次の日は体が重いしやる気も出ない。そうなると1日無駄にする羽目になる。やめなさいと天の声がそろそろ聞こえてきそうだ。

そのブログの話だと、きっかけは調子が悪くなってきた。というところから始まっていて、飲んでいた時よりも意識して社交場に出向く頻度を上げてお酒がなくてもこういう場所で楽しめる習慣の癖をつけるようにしたのだと。そうしたら当たり前だけど、失礼な事も言わないし、セクハラ(?)もしないし、同じ話をしない。なにより酔っ払いの時より、トークのキレが上がって超イイ気分だと言っている。

話は変わって、わたしその昔喫煙者だったのだけど1年間にかかるタバコ代に驚愕したことと友達の「今日でタバコやめます」宣言に乗っかって、その日からピタっと1本も吸ってない。特に困ったこともなかったから、あとあと考えた時あれは習慣になってただけなんだ。と思ったんだっけ。この意志の強さでタバコ同様、お酒もやめられるような気がしている。(でも美味しいごはんと飲むお酒は格別だからまだ飲むよ)

習慣にするといいこともあるけど、そうでもないことも癖にしてはいないだろうか。ちょっと振り返ってみて不要なものは、意識的に万力でまっすぐにすれば案外すぐ崩せるものかもね。

f:id:naoohwada:20181104094555j:image