Vol.58 アンダー・ザ・シルバーレイク

前情報をあまり持たずに、映画を観るとおもしろい感情や思考に出会えることがある。今回のこの映画もそのひとつで、LAが舞台でサスペンスという情報のみではりきって初日に観に出かけた。が、しかし観ていくにつれハテナ(?)がいっぱいになった。何が言いたいのだろうか、この話にオチはあるのか、と予測が全然立たない。

観終わった後には、頭の中から脳みそ取り出されてごちゃ混ぜにされてまた頭の中に戻されたような感覚に陥った。簡単に言葉にすると、「わけのわからないカルト映画」という感じだ。

普段こういう作品に出会わない(選ばない)から、ある意味衝撃だった。映画好きのみなさんや一筋縄ではいかない内容が好きな方にはぜひチャレンジしてもらいたい。ただ2時間20分と上映時間も長いからお菓子とジュースは必須。

f:id:naoohwada:20181017091047j:image