Vol.49 To Me

昨日で39歳になった。またひとつ年齢を重ねることができて、ここまで健康に過ごせてこれて感謝しかない。

39歳と改めて書くと結構な大人になった気もするが、今となっては年齢はただの記号にすぎないと思っている。10代でも夢も希望も持てず老いてみえる人もいるし、60代・70代でもやりたいことをやってハツラツ元気に過ごしている人もいる。他人にどう見られてるかはどうでも良くて自分が自分らしくいられてるかどうかが若さの秘訣だと思っている。

女性は年齢で人生をいろいろ考えるタイミングがあり、わたし自身も悩む時期はあった。結婚が結果ではないし、子供を産まなくてもキラキラしてる人がたくさんいる。もちろん家族があって仕事もバリバリ頑張ってる幸せな人たちが大半ではあるが、離婚率も年々上がっているのことも現実としてある。(この年齢になると新しく出会う人たちのバツイチ率も高い。

ココ・シャネルの名言で「20歳の顔は自然からの贈り物、30歳の顔はあなたの人生、50歳の顔はあなたの功績よ。」というものがある。この1年は、人生の集大成として幸せの本質というものにとことん向き合ってみるつもりだ。答えは意外にシンプルな気がするけども。

f:id:naoohwada:20180921101140j:image