Vol.48 60TH ANNIVERSARY OF KEITH HARLING

久しぶりのクラブ活動をした。Agehaでやったこのイベントは80年代のアメリカ美術を代表するキース・ヘリングとNYハウスミュージックシーンの一時代を築き上げたDJジュニア・バスケスのコラボパーティー。キースヘリングのグッズ販売やVJによる演出、ジュニアのプレイにムキムキゲイダンサーとポールダンサーの肉体美と妖艶な動きがいい感じに混じり合ってNYパーティーを感じさせてくれた。

ジュニア・バスケスといえば、日本でのパフォーマンスが最後ということもありファンが多く駆けつけていた。年代が上の人が多く、聞くところによれば早割チケットの7割が男性で40〜50年代の人が多かったのだとか。当時、ニューヨークのクラブを懐かしんで来た人も多いのだろう。今までいろんなDJのプレイを見聴きしてきたけど、いちばん年齢が上のDJだった。この年齢までDJしてる人のプレイは後にも先にもこの人が最後だろう。絶大な支持を集め、熱狂的なファンも多く貴重な体験だった。レジェンドとはまさにこのひと。良い夜だった。

f:id:naoohwada:20180917214208j:image