Vol.35 Freehand Los Angeles

LAのダウンタウンが危険なエリアというのは一昔前の話。近代的な高層ビルが立ち並ぶビジネス街で、近年は再開発が進み観光やショッピングに注目を浴びている。

Freehand Los Angelesは、”Commercial Exchange"のネオンサインが目印の歴史ある12F建ての大型ビルにあり、外見はヴィンテージ感をたっぷり感じる。客室のうち226室は個室(ホテルスタイル)、59部屋はシェアルーム(ホステル)になっている。旅好きで新しい出会いを求めているならば、シェアルームがおすすめ。料金もLA価格で考えれば約4分の1で宿泊できてとってもお得だ。

インテリアデザインはRoman&Williamsが手掛けていて、ボヘミアンな雰囲気がおしゃれな気分にさせてくれる。私的に魅力を感じたポイントは最上階にあるルーフトップバーBroken Shaker、1FにあるCafe Integralのコーヒー、無料の朝食とこれらが最高の気分にさせてくれた。ルーフトップのプールサイドでの読書タイムは至福の時間だった。

 あと便利なのはその位置、近くにはWhole Foods(スーパー)が徒歩2分だったり、ドラッグストアもすごく近い。一般的なホテルのイメージよりも自由で活発な雰囲気があるから、暮らすように過ごす旅にはぴったりなホテルだと思う。わたしはここに滞在中、1FのBarとルーフトップバーでお酒を飲む以外は、Whole Foodsにかなりお世話になった。デリが豊富でサラダバーもあったりして、ピザは毎日食べても飽きなかったぐらい。

Freehand Los Angelesは2017年にできたばかりで、シカゴ・マイアミそして最近NYにもできたSydellグループのホテルブランド。期待以上の冒険に出会いに行こう。

 

416 West 8th, Down Town, Los Angeles, CA, USA 

f:id:naoohwada:20180804115352j:image