Vol.5 GOLDLINK

2016年辺りから個人的に注目しているGOLDLINK(ゴールドリンク)が、とにかくおしゃれでめちゃめちゃかっこいい。曲も顔も。笑

 

【GOLDLINK】

ゴールドリンクは1993年生まれのワシントンDC出身のラッパーで、ヒップホップを軸にR&B、House、エレクトロ、ファンクなどをMIXした進化形ヒップホップ「Future Bounce」スタイルを確立している。

2013年にsoundcloudに楽曲を多く発表していく中で、2014年に出したデビューミックステープ「The God Compkex」で大注目を浴び、各メディアからも高く評価された。

これをきっかけにRick Rubin(リック・ルービン/デフジャムレコードの創始者で現在はコロンビアレコードの共同社長)に一目置かれ、指南されながらKaytranada、Anderson Paak、Sango、などと共作。
最先端のダンスミュージックにラップするかと思えば、クラシックのフレーズを引用したドラマティックなブーンバップを持ってきたりというバランス感覚が話題を呼んでいる。

※プーンバップ(90年代のヒップホップの太いドラムでループする、ストレートなヒップホップのビートの意)

 

昨年のちょうど今頃、GOLDLINKが初来日することになったと聞きチケットを即ゲットした。場所は渋谷のSound Museum Visionというクラブ。ライブ会場より大きくないから、アーティストが近くに感じられた。登場までの間、ワクワクと緊張感が熱気と興奮に包まれた。

後半大好きなLate Nightという曲でfeaturingしているMasego(ラッパー、歌手でありプロデューサー、ジャズサックス奏者)がサックスを持って登場。泣けた。もうね、ラップとサックスが合わさったらヤバいんですよ。反則!笑

ライブ体験に大いに満足した夜だった。

 今後GOLDLINKが日本でライブをやる時は、Visionのキャパではきっとやらないだろう。もっと大きな会場でやると予想する。初来日に行けて本当にラッキーだった。


曲は Sober Thoughts、Bedtime Story、Rough Soul、Crew、Late Night がおすすめ。フューチャーバウンスという新しいジャンルをぜひ感じてほしい。

f:id:naoohwada:20180614204602j:plain